ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

XPで高速検索

デスクトップサーチWindows XP(以下XP)のローカルディスク(HDD等)の検索性能に不満を感じたことはないだろうか。
XPでは検索をかけると毎回ファイルをチェックし、そのチェックした結果が表示される仕組みになっている。
ただ、この方法だとファイルが多くなったときに検索が遅くなる欠点があるのだ。
ではインターネット上の検索はどうだろか?
GoogleやYahooという検索サイトは多大なインターネットからかなり高速で検索し結果が表示されるようになっている。
これは事前にインデックスというデータベースを作っておき、検索するときはこのデータベースのみを見に行っているだけなので検索が高速なわけだ。
Windows Vista(以下Vista)にはインデックス形の検索エンジンが搭載されている。
今回紹介するのはVistaのインデックス形の検索エンジンをXPで使おうというものだ。
そのソフトは「Windows XP 向け Windows Search 4.0」である。


この検索エンジンはインストールするだけで使えるので簡単に導入できる。
インストール後はタスクトレイから虫眼鏡のアイコンを右クリックすると設定を変えられる。

1.右クリック

虫眼鏡アイコンのWindows Searchのオプションをクリックする。

2.インデックス画面

インデックスオプションの画面が表示されインデックスをつける対象の画面が表示される。
このフォルダに保存してあるデータはインデックスに追加され、検索したときに検索結果として出力対象になる。
また、このフォルダに保存されていないものは検索しても出力されない。
左下の変更をクリックするとインデックスに追加するフォルダを追加できる。

3.インデックス追加画面

この画面で赤枠の中のチェックボックスにチェックすることによってインデックスをつける対象を変更できる。


このソフトは基本的にシステムがアイドリングのときにインデックスをつけていく。
いつも使いっぱなしではあまりインデックスが作られず、検索対象に設定しても検索されない場合があるので、虫眼鏡アイコンを右クリックしたときにあるをクリックし、高速でインデックスをつけることも出来る。
4.インデックス速度の変更

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。