ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マウスパッド2

IMG_8370.jpg今回はマウスパッドである。
机の上に透明のデスクシートを敷いているとマウスの反応がかなり悪くなる。
その反応を回復させるのに一番良いのがマウスパッドである。
値段も100円位からあり、選ぶのに大変なことがある。
そんなときこの記事を参考にするといい。


シリコン製のマウスパッド。(シリコン製
シリコンマウスパッドシリコン制はとくに粘着剤とかが付いていなくても机からずれることもなく、水洗いも出来る。
だが、マウスのすべりも悪く、動かしにくい。


シリコンマウスパッドの表面



PP製マウスパッド。(PP製
PP製マウスパッド粘着剤がないと机からすべるようで粘着剤が付いていた。
保護フィルムが付いていたためあまり貼ったり剥がしたりを頻繁にはできないと思われる。
水洗いも出来ないみたい。(バッファロー製には洗える製品があるようである)
マウスのすべりはかなりいいです。
マウスパッドの上でエアーホッケーできるくらいだ。


PP製マウスパッドの粘着面

PP製マウスパッドの表面


両方ともマウスの反応はどっちもあまり変わらなく、マウスを浮かしたときに反応しなくなるので、マウスを浮かしたりしながら使う人にも問題なく使える商品である。(光学マウスの場合)

シリコン製マウスパッドはメンテナンス性を重視しすぎていて実用性はあまり高くないようである。
ただ、長期間使いことを想定するのであれば、粘着剤の不要なシリコン製も候補にはなるんではないだろうか。
今回は参考程度に両製品共に表面の写真を添付してある。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。