ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーディオファンも認めるmp3エンコーダー

mp3は圧縮形式であるため圧縮に使うエンコーダーによっては音質が異なってくる。
エンコーダーによっては高音域をばっさりカットしてしまうものや、高音域をかなり細くするものなどあり、mp3の高音が弱いのはこのためである。
ばっさりカットするのとかなり細くするのではどちらもカットしたほうが聴いた感じはよくなる。
細くするとその部分がノイズになることも少なくないからだ。
カットするのでも鳴らせるとこまではしっかり鳴らし、その後をカットするのがいい音に聴こえる。
そういったことに煩いオーディオファンはしっかりならせる範囲が広いエンコーダーを好むわけである。
今回紹介するエンコーダーは定番になりつつある「LAMEエンコーダー」である。
LAMEエンコーダーは単体で使うよりほかのアプリケーションと組み合わせて使ったほうが使いやすいのでその方法も合わせて紹介する。



1.ファイル画像

ここからLAME本体をダウンロードする。

次にここからExact Audio Copyをダウンロードする。
さらにここから日本語化用のファイルもダウンロードしてくる(はじめから日本語になっている場合があるのでその場合は削除してかまわない)。
このソフトを使ってLAMEエンコーダーを使う。


2LAME.jpg

これで必要なものはそろったのでインストールと設定を説明していく。
まずlame3.98a11.zipを解凍しフォルダ名をLAMEに変更する。
そのフォルダををC:\Program Filesにコピーする。


3EAC.jpg

次にeac-0.95b4.zipを解凍する。
これもC:\Program Filesにコピーする。


これでインストールは完了である。


設定はLAMEエンコーダーとCDデータベースを登録する。


4.エンコード設定

まずEACを起動し、F11キーを打ち外部エンコーダーのタブを開く。
「エンコードに外部プログラムを使用する」にチェックを入れて、エンコーダ別パラメータ選択を「LAME MP3 Encoder」を選択する。
その次にエンコーダのある場所を入力する(C:\Program Files\LAME\lame.exe)。
最後にエンコードに希望したい設定を入力してOKを押す。


5.データベース設定

次はF12キーを押し、Freedbサーバに「http://freedbtest.dyndns.org:80/~cddb/cddb.cgi」と入力し、自分のアドレスを入力してOKを押す。

これで設定は終了である。

ここからは使い方である。


6.CD挿入

使い方はCDを挿入するとこのような画面になる。


7.データベース

その画面でメニューバーからデータベースを選択肢、freedb照合の一括処理を選択する。


8.データ習得後

すると曲名などがダウンロードされる。


9.エンコードボタン

あとは左側のMP3を選択するだけである。


10.エンコード開始


11.エンコード画面


この画面がエンコード中の画面である。
黒い画面がLAME本体の画面である。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。