ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

nVidia最新版ドライバー不具合

GTX275.jpg最近グラフィックボードをGeForce GTX275に換装したのでクロックをデスクトップにモニタリングできるようにしてました。
最近のnVidiaのグラフィックチップはクロック可変型グラフィックチップで、3Dゲームをやるときは定格のクロックで動作しますがネットサーフィン程度の負荷だと定格動作も必要ないためクロックが自動的に下がり、省電力モードになります。
今回最新のドライバーをインストールしたところその機能がまったく動作せず、ドライバーを旧バージョンにしたところ正常に動作するようになりました。


今回使用した最新版のバージョンは196.21です。
そして、旧バージョンはバグ修正のところに「複数のクロック状態に対応するグラフィックスカードとして、3Dクロックは、3Dアプリケーション終了後、正確に2Dクロックに戻ります。」と記載されている191.07です

このボードのクロック可変はこの様になっています。WS000001.jpg



そして現在にクロックがこちら。ドライバ変更後のクロック




最新版ではクロックは常に660MHzでしたがダウングレードしてからは普段は300MHzになり、ボード温度も5℃程度下がりました。
最新版のドライバーを使用している方はダウンクロックしているか確認してみてはいかがですか?

191.07のダウンロード

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。