ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dynabook SS RX1レビュー

トップ先日ネットでモバイルにちょうどいい機種を探しているとdynabook SS RX1(PPR1SEEEPU3NU:企業向けモデル)が安く販売されていたので購入しました。
購入し、大体1月たったのでレビューしたいと思います。



CPU_20100530225556.jpg【CPU・メモリ】
この機種は東芝dynabook SS RX1シリーズの企業用パワーアップモデルの様でハードウェアが通常モデルよりパワーアップしています。
CPU:U7600→U7700
オンボードメモリ:512MB→1GB
(オンボードメモリはマザーボードの一部になっているので変更することはできません。)



サイズ
【重量・サイズ】
モバイルということなんで軽さや大きさはかなり重要になるわけですが、軽さ1010g・厚さ19.5~25.5mmとパナソニックのライバル機であるレッツノートより軽量・小型になっています。



ディスプレイ【ディスプレイ】
ディスプレイにはLEDバックライトを採用しているためかなり薄いのが厚さを薄くするのに大幅に貢献しています。しかし、このディスプレイは強度が低く、私の友人が使っているRX1もバックライトが正常に点灯していないエリアが出来てしまっています。
ディスプレイの強度は大幅に評価をマイナスにします。



キーボード【キーボード】
キーボードはモバイル機種であるのにもかかわらず19mmピッチのものを採用しているので普段デスクトップで作業するユーザーでも違和感無く快適にタッチできるようになっています。
私は普段からパンダグラフ式のキーボードを使用しているのでRX1でタイピングしたとき全く違和感無くキーボードは気に入っています。



指紋【指紋センサ】
指紋センサ搭載ですが、このセンサは感度が悪く、数本の指の指紋を登録することが推奨設定になっています。
さらに、数回指紋照合に失敗すると一定時間指紋でのログインができなくなるのでおまけくらいの機能しかないです。
また、指紋を登録していてもパスワードを入力すればログインできるため、パスワードがバレたら指紋は全く意味無いですね。
サードバティ製のソフトで補完するともっと使いやすくなるかもしれないです。



HDD.jpg【HDD】
HDDは東芝製の2.5インチHDDが入っています。
型番は「MK1646GSX」でした。
このドライブは少し旧型なのでやはり遅いとしかいえないですね。
HDDの交換は底板を外す必要があるため多少敷居が高いと思いますが、やってみた方のブログを見るとそこまで難しくないとのこと。
いずれSSDに換装したいと思っています。



SDカードスロット【SDカードスロット】
SDカードスロットはSDカードをキーにできたり、データ保存に便利です。
常に入れっぱなしでも出っ張らない仕様になっているので普段はRX1に入れておき、デスクトップ等にデータを移動したいと思ったときにSDにコピーしデスクトップで使う等の使い方が便利そうです。



バッテリ【バッテリ】
バッテリ持ち時間は大体5時間前後だと思います。
4時間程度は軽くネットしてても問題ありませんでした。
パナソニックのレッツノートは管理システムにバッテリ寿命を延ばすため80%までしか充電しないシステムになっていますが、この機種は普通に100%まで充電する仕様になっています。
バッテリ管理システムももう少し強化してもしいですね。



常時通電ポート【常時通電USBポート】
この機種には常時通電USBポートというのがあります。
最近のモバイル機器はiPod・PSP・携帯電話とほぼ全てのものがUSBから充電できますよね?
しかし充電のためだけにPCの電源を入れていてはバッテリ消費が多くなってしまいます。
そこで使える機能がこの常時通電USBポートで電源がオフの状態でもモバイル機器の充電ができるポートが1つだけ用意されています。
BIOSで設定しなければならないのですこし面倒ですが、オンにしておくと便利です。



【光学ドライブ】
光学ドライブは搭載されていないので注意が必要です。
あとからUSBでも増設可能ですが、光学ドライブとSS RX1と2つ持ち歩かないといけないのは面倒ですよね。
私はSS RX1を仕様を確認したときRX1の標準ドライブが2層式DVDに書き込みに対応していなかったので、ドライブなしモデルにしました。

654844_m.jpg【2010/6/1追記】
購入後2週間程度でディスプレイに異常点灯エリアができていました。
大学で使用している関係でなかなか修理に出せなかったのですが、現在修理に出しています。
知人のSS RXシリーズ(3人全員)も異常点灯エリアができてしまっているのでこの機種はディスプレイが弱点だと思われます。



IMG.jpg【2010/7/7追記】
先日、修理から戻ってきました。
修理内容は液晶パネル交換で費用は無料でした。

THEME:ハードウェア | GENRE:コンピュータ |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。