ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エネループ モバイルブースターレビュー

トップ最近PSPのバッテリの寿命が短くなり、外で追加充電が必要なことが増えたので購入しました。
購入したエネループはKBC-L2ASという機種で内部バッテリが5000mA・3.7Vとシリーズで最も容量が大きいモデルです。
1月ほど使ったのでレビューしたいと思います。



容量【容量】
容量はシリーズ最多の5000mAです。
下位のKBC-L3AS(2500mA)が並列で入っているのではないかと予想されます。(USBが2系統取れる点など2つ入っ並列で入ってるからできるのかと)
放電時間はポート1つの場合は4時間・2ポート使うと半分の2時間になります。
実際ほとんどの場合使い切ることは無く、使い切ったのは友人宅に泊まりに行ったときくらいでした。



充電【充電】
チャージ時間はUSBで充電する場合14時間・付属のACアダプターを使用する場合は7時間かかります。
7時間は長いですが、寝ている間に充電しているので特に気にしたことは無く、普段は残量0になることがめったに無いので7時間はかかっていないと思います。
しかし、USB充電で14時間は現実的ではないですね。
補充くらいの役割だと思った方がよさそうです。
それがこの機種のみ充電アダプター付属の理由だと思います。
またACからUSB電源を取れるアダプタがありますよね?
あれを使えばUSBでも7時間で充電できると思います。(5V1A出力ができるものである必要があります。画像のものなら使えます。)
因みに付属のアダプタの出力は5V1Aです。



インジケータ【インジケータ】
本体上部にインジケータLEDがあり、点灯や点滅で現在の状況をモニタできます。
といっても簡単なモニタしかできません。
放電中・停止・電池残量モニタくらいはモニタできます。



2ポート【2ポート出力】
2ポート同時に出力できるので、携帯とiPodの同時充電や友人のPSPと自分のPSPの同時充電ができ便利です。
2ポート使わないときは放電時間が2倍になるのでいろいろな使い方ができそうです。



【その他機能】
このエネループはUSBに何もつながっていない状態になると自動的に出力をオフにする様です。
なので、接続先の機種が充電完了すると回路を遮断するのでエネループから見ると何もつながっていない状態になり、出力をオフにしてくれます。
つまり、使っていないときはオフになるわけですね。(過充電保護機能でなないです。接続相手が回路を遮断しない限り放電し続けるため、相手の機種によってはつなぎっぱなしの状況だと過充電になる可能性があります。)

大きさ【大きさ、重さ】
大きさは大体iPodと同じ幅で、高さはiPodの7割くらいですね。
厚さはiPodの2倍はあると思います。
重さは140gなのでiPodの136gとほぼ同じです。



【2010/6/29追記】
2週間ほど前に内部のコントロール回路が故障しました。
症状は
LEDが点灯しなくなる。
常に3.7Vから5Vへの昇圧回路が動作する。
の2つです。
昇圧回路が常に動作しているので発熱し、あったかい状態です。
リチウムイオン電池はエネルギー密度が高いため、不安定になると過熱することもあり危険なバッテリーです。
今回故障箇所がコントロール回路だと推測されるので現在メーカーに修理に出しています。

【2010/7/1追記】
本日修理に出していたエネループの修理が完了したと連絡がありました。
実際は修理ではなく新品に交換になったとのこと。
24日夕方に修理に出し、1日朝には修理から返ってきたと連絡があったので、サンヨーの対応はかなり高速ですね。
実際メーカーの担当者に付いたのは週明けの26日だと思われ、本日到着ということは昨日(30日)の集荷前にはもうメーカーを出ているわけですから。
この高速な対応は安心感がありますね。
サンヨーのサポートは信頼できます。
その後修理内容が分かり信頼はガタ落ちしました。
詳しくはこの先を読んでください。

【2010/7/4追記】
でかい傷交換品を受け取り開封してみるとかなり傷だらけのエネループが入っていました。
正直「え?これ新品なの?」と思ったくらいです。
まずUSB端子の横に有り得ないほど大きな傷がありました。



細かい傷さらにいたるところに小さな傷が多々ありました。



梱包因みに受け取ったときの梱包はこんな感じでした。
ケーブルが輪ゴムで止めてありますが、受け取ってからUSBケーブルは使っていないんでそのままです。



修理結果票修理結果票を確認したところ、これも内容はよく分からない「ジュウデンキタンピン」と描いてあるだけです。
そもそも修理内容が単語って言うのもおかしいと思いますが、ジュウデンキが何をさしているのかも分かりません。


修理結果票処理内容



この時点でかなり悪い印象になったわけですが、いざ充電してみるといつまでたっても充電が終わりません・・・。
ACアダプタにて充電し、午前2時に充電開始しました。
午後4時まで充電(14時間充電)しましたが相変わらず充電中のLED点滅。
本体は全く熱を持たず、冷たいまま。
全く充電されないです。
繋ぎ直してみるとすぐに充電完了のLED点灯になりました。
容量を表示すると十分あるLED点灯をしていました。

充電開始なのでPSPとiPodを接続し充電テストしてみました。



充電ストップすると数秒で給電ストップ。
上の画像の16秒後の右の画像ではPSPの充電LEDが点灯から消灯に変わっています。
これは何も繋いでいない時と同じ反応です。
iPodのみでも同じテストをしましたが同じ結果になりました。
これは明らかに不良品ですね。



不良品だから無料で修理になったのに交換品にも不良品を出していたのでは何のために修理に出したのか分からないですよね。
三洋さんがどのような検品を行っているかは分かりませんが、外見・内部機器ともに不良では信頼なんて全くなくなりました。
明日修理結果票に記載されている電話番号に電話してみるつもりです。
今後充電池を買うときは三洋製より他社製を買うと思います。

100707_130324.jpg【2010/7/7追記】
先日修理センターに電話したところ、新しいパッケージのものを送るから不良品を送り返してくれとのことでした。
その日は担当者の手元に新しいパッケージ品がなく、翌日に届くのでさらにその翌日には届けられるといわれました。
今日その交換品の交換品がとどきました。
今回の交換品は良好で、問題なく動作しています。

一つ疑問なのが修理センターに新品のパッケージ品は無いのに1回目の修理は1日で受付から修理完了までこなせたのでしょう?
そのときはあったのか、もしくは修理品を新品として出したんでしょうか?

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。