ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんでもチャージャーレビュー

100728_180155.jpgエネループモバイルチャージャー(以下エネループ)購入後、ほぼ全てのモバイル機器をエネループから充電していましたが、1つだけ充電できない機器がありました。
それがCanon製のデジタルカメラです。
Canonは専用の充電器を用意し、バッテリをデジカメ本体から外して、充電器に装着し充電するスタイルをとっています。
そのため、デジカメ本体からはバッテリが充電できないわけです。
しかし、私の使用しているIXY DIGITAL 10はバッテリ残量メーターが無いため何時バッテリが切れるか分からないので、バッテリが無くなるのは大体外出中でした。
屋外だと専用充電器はAC電源が必要なので使えません。
なんでもチャージャという充電器を購入しました。
今回はその説明とレビューをします。


本体本体は洗濯バサミの様になっていて、リチウムイオン電池をはさめるようになっています。



端子はさんだリチウムイオン電池の端子はなんでもチャージャーの端子にあてると自動的にプラスとマイナスを判断する仕組みになっています。



緑LEDリチウムイオン電池が認識されると緑色のLEDが点灯します。



赤LEDUSB端子にパソコン等を接続すると充電が開始され、赤いLEDも点灯します。



因みに単三乾電池でも充電可能ですが、エネループでの使用を目的にしているので試していません。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。