ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPod touch 4Gレビュー

iPod touch 4G 表紙先日iPod touch 4Gを購入したのでレビューします。
今年のモデルチェンジで新たに搭載された機能は
カメラ(フロント&リア)
3軸ジャイロスコープ
Retinaディスプレイ
Wi-Fi 802.11 n
ですね。
3軸ジャイロスコープはまだ対応アプリを使用していないためレビューできませんが、そのほかの新部分も含めてレビューしたいと思います。


iPod touch大きさ比較【サイズ】
今回iPod 5.5Gからの乗り換えなので、5.5Gとサイズ比較してみました。
iPod touch 4GとiPod5.5G両方共ハードケースを装着しています。
サイズは
iPod touch 4G 110×62×9 (mm)
iPod 5.5G 107×65×15(mm)
です。
厚さが-6mmは大きく、かなり薄くなった感じがあります。
またディスプレイが2.5インチから3.5インチに大きくなり、動画や写真を見やすくなりました。


iPod touch 下iPod touch 横


iPod touch バッテリ【バッテリ】
iOS4はバッテリの消費が激しいと聞いていましたが、アプリをあまり使わない日は余裕で1日もちます。
バッテリはデジタルオーディオプレーヤーというよりはPCに近い感覚で、アプリを使用しているときはどんどん消費しますが、アプリを使わないときはほとんど消費しない感じです。
外ではeneloop mobile boosterを使っています。
バッテリ関係で一番面倒なのは1度バッテリがなくなったときです。
バッテリ残量0%から充電する場合、10分くらい充電しないと操作できる状態にならないため、バッテリが切れそうになると早めにeneloopで充電するようにしています。



【音質】
普段PCではオンキョーのサウンドボードを使用して聞いているため、音にはこだわりがあります。
PCと音源を共有したいので形式はAppleロスレスで入れています。
なので、音質は悪くないと思います。
音楽を聴くのは主に通学中の電車の中なので、ノイズも多くある環境のためAppleロスレス程の音質があれば十分だと思います。
ちなみにAppleロスレスで音楽を入れることを前提に購入したので容量は余裕のある64GBにしました。

【容量】
購入したのは64GBモデルです。
円高の影響で36800円で購入でしたし、ポイントも10%つけていただいたので、3Gの32GBより少し高価だった程度です。
音質のところにも書きましたがこれからはAppleロスレスで音楽を入れようと思っている関係で高容量モデルにしました。
現在アプリも250以上入っていているのですでに32GBモデルでは容量が足りないくらい使っています。
iPod touch 容量

iPod touch exifデータ【カメラ】
4Gから動画撮影用のリアカメラとFacetime用のフロントカメラが搭載されています。
リアカメラの撮影解像度は480×640・フロントカメラの解像度は720×960です。
双方とも動画・静止画が撮影ができ、iPhone同様シャッターボタンを押すと撮影できるようになっています。
動画用ということで静止画の画質はあまりよくないですね。
参考にコンパクトデジカメで同じ風景を撮影したものも載せておきます。
(左:フロントカメラ 右:リアカメラ 下:参考用IXY DIGITAL 10(圧縮済み))


iPod touch フロントカメラiPod touch リアカメラ

IXY DIGITAL 10


【Retinaディスプレイ】
iPhone4と同解像度のディスプレイです。
写真などは紙に印刷されているみたいに綺麗に見えますが、Retinaディスプレイ用に作られていないアプリを使うとカクカクなのがすぐカクカクなのがすぐわかってしまうのが難点ですね。

iPhone4と違い、TN方式のディスプレイのため、視野角は狭いものになっています。
写真と実際の見え方には違いがあるとは思いますが、実際に写真を撮ってみました。
右側から見た時が1部黒くなっていますが、実際はそこまで気になるほどのことでもなく、IPS方式は必要ない気がします。
iPod touch 左iPod touch 右

iPod touch 下iPod touch 上



iPod touch wifi速度【WiFi 802.11n】
マイナーなところでは無線LANがb/g以外にも新規格のnに対応しました。
実際に速度を計測してみると鉄筋コンクリートの1階のアクセスポイントと2階の自室間で安定して10Mbpsは出ていますし、20Mbps出ることもあり、b/gの理論値の半分近い速度が出ているので、なかなか高速だと思います。



【全体として】
やはりバッテリが一番の弱点だと思います。
しかし、音楽再生時間等は3Gより延びているのでバッテリも強化されているのかもしれないですね。
私はeneloopを使っているのでバッテリを気にすることなく使っています。
eneloop等の外部バッテリは必需品ですね。

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。