ブログの説明
パソコンやアンドロイドなどの情報を収集しまとめているブログです。

記事内に張られている画像はクリックすると見やすいサイズの画像が表示されるようになっています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
アクセスカウンター
検索フォーム
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google MapsナビからGoogle Earthで高低差色分けマップ

トップ画像自転車で走るルートを選ぶとき高低差は結構重要ですよね。
ただ、ルートの高低差を表示できるサイトは以外と少なく、グラフは出てもルートの線を高低差で色分けしてくれるサービスはなかったので以前紹介した自作ソフト「MytrackViwer」にその機能を追加しました。


ルート画像【機能の説明】
Google MapsのナビデータをGPXファイルに書き出したものからGoogle Earthに高低差で色分けされたルートデータを表示します。
標高データはSRTMを使用しているので必ずSRTMデータをダウンロードしておいてください(やり方はここ)。
また、出力対象がGoogle EarthなのでGoogle Earthをインストールしておいてください。
(右画像は横浜駅から東京駅までの高低差色分けデータ)


GUI操作【色分けルートの表示の仕方】
この記事を参考にGoogle mapsのナビをGPXファイルに書き出します。
その書き出したファイルをMytrackViwerで開き「ルートデータ1」タブのKML書き出しをクリックします。
これだけでナビデータから高低差で色分けされたルートがGoogleearthで表示できます。
また、以前走ったデータから高低差色分けデータを見ることもできる様になってます。


Google Earth操作【表示された画面】
高低差は10mごとに色分けされ、表示されるようになっています。
色は低い方から順に緑⇒黄色⇒赤と変化するようになっていて、表示する色はGoogle Earthの左側にある欄から確認できます。
また、チェックボックスのチェックを外すことによって表示したい高度だけ表示することも可能です。


COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

最新トラックバック
ブロとも申請フォーム
QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。